社長メッセージ

当社は、1987年に親会社である東洋エンジニアリング株式会社から独立し、2016年には、親会社から国内プラント事業、医薬・ファイン事業の移管を受け、国内を主とした以下の4事業に対し、プラントエンジニアリングを核に展開し、売上規模約200億円を超えるまでに成長しました。

  <当社の4事業>
  1. 1)プラント事業
  2. 2)保全事業
  3. 3)医薬・ファイン事業
  4. 4)環境設備事業

プラント事業では、石油・石化・化学・エネルギー分野において、豊富な実績に基づく高品質・短納期のプラント建設を遂行しています。保全事業では、日常メンテナンス、一括定期工事修理を中心に展開しています。医薬・ファイン事業は、従来型の低分子原薬だけでなく、バイオ・中分子(核酸/ペプチド)の最先端の分野にも裾野を広げています。環境設備事業では、自社製品である電気集塵機、エアーフィンクーラーを軸に展開しています。

また、『エンジニアリングで地球と社会のサステナビリティに貢献する』ことをミッションに掲げ、お客様や社会のニーズを的確に捉え、省エネ、省力化、環境に優しいプラント建設を含め総合的なソリューションを提供することで、SDGs(持続可能な開発目標)に積極的に取組み、持続可能な社会への貢献を目指しております。

更に、デジタルトランスフォーメーション(DX)に関しては、将来、デジタルツインプラントの構築を図ると共に、デジタライゼーションによる新規事業の創出、業務改革を目指して行きます。

当社の事業を通じ、お客様の満足度を一層高めるだけでなく、豊かな地球社会の実現に貢献できるよう今後とも努めてまいります。

代表取締役社長 小原 敬士