先輩社員の声

設計統括本部 
空間設計部 
建築グループ

T.Y2018年4月入社

現在の仕事内容

土建工事の設計及び現場管理を行っています。 主な業務はプラント内の土木・建築設計であり、土木で言えば配管を通すパイプラックや機器を支える基礎、建築で言うと変電設備などを納める電気室等の建屋を設計しています。設計と一言で言ってもプラントにおける土建設計では、機器設計や電気計装設計、配管設計等との情報のやり取りや客先との打合せ、設計事務所やゼネコンといった業者との調整などがあり、自分自身で図面を引くだけではなく話し合い・調整も大きな仕事となります。 また現在は、実際に自分が設計に携わったプロジェクトにおいて現場に常駐し、現場での施工状況の管理や設計変更への対応、現場業者と弊社設計の間での調整などを行っています。自分自身が設計に携わった建物や構造物が図面通りに出来上がっていく様を身近で見ることはとても面白く、完成まで携わることができることにやりがいを感じます。

学生へのメッセージ

私はもともと高専・大学で建築を専門的に学んでいましたが、就職するにあたり「建築や土木の専門の人ばかりで集まるのは嫌だ」と思い様々な分野のスペシャリストがいるプラントエンジニアリング業界を選びました。実際に入社してみると、やはり専門分野が異なるだけで「基本」も「常識」も「雰囲気」も全く異なり、様々な刺激を受けました。 また、自分自身の仕事は土建が中心となるのですが、その中でも他分野の知識を学ぶことも多くあります。例えば機器の基礎を設計するならその機器の特性も知ることになり、電気ケーブルのラックを設計するならどんな機械に、何故ケーブルを繋がないといけないかも知ることになります。(それらの知識を持ったうえで、他分野の設計者と調整を行うことになります) 特に工学系の学生は、今まで自分自身の専門分野以外を学ぶ機会が少なかったのではないかと思いますが、新たな分野に触れてみることで分かる楽しみがあります。それは仕事を始めてからでも学べることです。ぜひ、その楽しさを知ってみてください。

採用情報